2008年02月22日

『L change the world』チェンジ ザ ワールド

劇場版デスノート『L change the world』がいよいよ公開されます。今回描かれるのは前作デスノートDeath note ザ・ラストネーム『the last name』後のL、最後の23日間。

ストーリー
最後の敵は、人間の手で作り出された新たな《死神》
「ワタリ、日本へ向かう手配をしてください」
キラ事件を解決するために、ロサンゼルスから日本へと旅立ったL(松山ケンイチ)。そのとき彼を捉えていたのは、97%の確率でキラは日本にいるという確信と、ここへはもう二度と戻ってこられないかもしれないというかすかな予感だった

キラと呼ばれ、デスノートを使って犯罪者なき新世界の神になろうとした夜神月(藤原竜也)と、キラの正体を突き止め、事件を終わらせようとしたL。二人の天才の熾烈を極めた攻防戦が最終局面を迎えようとしていた頃、タイでひとつの村が消滅した。
何もかもが焼き尽くされ、あらゆる痕跡を消し去るかのように、地上から抹殺された小さな村。一体そこで何が起こったのか? そのときすでに、世界の崩壊にも繋がる大事件が、Lの知らないところで動き出していたのだ。
Lの究極の選択によってキラ事件は終結したが、それと同時に、Lはワタリ(藤村俊二)を失った。Lが育ったワイミーズハウスの設立者であり、最も信頼できるパートナーだったワタリ。予期していなかったその死とともに、Lに残された最期の23日間。大きすぎた犠牲を噛みしめながら、ワタリのファイルに残った未解決事件を次々に片づけていくL。やがて、案件ファイルも尽きたころ、Lのもとに届いたワタリ宛ての “贈り物”。ヘリコプターで運ばれてきた箱の中にいたのは一人の幼い少年。その無口な少年・BOY(福田響志)が身につけていたSDカードのデータから、Lは、BOYがタイで消滅した村のたった一人の生き残りであること、そして、その裏側では、人間の手で作り出された《死神》をめぐる大きな事件がうごめいていることを知る。
そこへ、ワタリを訪ねてまたひとり、今度は少女がやってくる。非業の死を遂げた父親から預かってきたものがあるという少女・真希(福田麻由子)。それこそが、事件の核心となる《死神》だと気づいたときには、すでに追っ手が迫っていた。幼い二人を連れて逃走をはかるL。残された日は、あと6日。Lは、二人の子供たちを守りながら身体を張って事件を解決するという「不得意分野」へ突入していく。

キャスト
松山ケンイチ:L 役

工藤 夕貴:久條希実子 役

福田麻由子:二階堂真希 役

南原 清隆:駿河 秀明 役

福田 響志:BOY 役

佐藤めぐみ:三沢 初音 役

平泉 成:松戸 浩一 役

鶴見 辰吾:二階堂公彦 役

高嶋 政伸:的場 大介 役

監督
中田 秀夫

主題歌
歌手:レニー・クラヴィッツ LENNY KRAVITS
曲名:アイル・ビー・ウェイティング I'll Be Waiting

公開
2008年2月9日(土)より公開

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/L-movie/
posted by デスノートマニア at 13:25| デスノート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

デスノート 夜神月の腕時計

yagamiwatch.jpg
マンガ「デスノート」で夜神月が使用している腕時計、作中での「ジャスト11時45分、デスノートに狂いなし」「心臓麻痺まであと40秒」等ライトの台詞が印象的である。デスノートの中での時間はまさに秒単位で描かれており、ライトはより正確に時間を秒単位で確認する必要があった。
その理由からか作者がライトに装着させたのが「オメガスピードマスター」である、しかも月が使用しているのはただのスピードマスターではない。
ライトが使っているのは「Speedmaster Professional MARKII」(月面着陸35周年限定品)
月(ライト)面着陸モデルですよ。まさに月の為の時計、こういった所にまでこだわっているんですね。

これがノーマルのスピードマスター
omegano.jpg

スピードマスタープロフェッショナル
pro.jpg
ノーマルとプロの違いは「小秒針」と「30分計」が逆
これでもまだマンガの絵と比べると文字盤の目盛りが違いますよね?

これがSpeedmaster Professional MARKII(月面着陸35周年限定品)<夜神月使用モデル>
omegatuki.jpg
posted by デスノートマニア at 09:42| デスノート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

デスノート L 夜神月 使用パソコン

『L』の文字がよく使われていたのはパソコンの画面であったが
ちなみに、映画のなかで「L」が使用していたパソコンはすべてアップルコンピューターのマッキントッシュいわゆるマックである。ノートは「マッキントッシュパワーブック」、デスクトップは「パワーマック」であった。連載中、ニューモデルが発表された場合は、その都度最新のマシンに描きかえられている。高校生時代の夜神月の使用マシンはNEC製品と見られるものが置かれている。
posted by デスノートマニア at 07:50| デスノート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

デスノート『L』の字体

デスノートの「L」の字体。
Lが使っていた字体はOLD ENGLISH(オールドイングリッシュ)またはBlackletterという字体が基本です。漫画と映画で多少の違いは見られますが。オールドイングリッシュは花文字やドイツ文字などとも呼ばれている。
posted by デスノートマニア at 07:21| デスノート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

デスノート Lのプロフィール

本名    
L lawliet(エル=ローライト)

生年月日  
1979年10月31日

命日    
2004年11月5日

身長    
179p(推定)

体重    
50kg(推定)

血液型
不明

好きなもの
甘いもの

嫌いなもの
靴下

基本情報
キラを追いつめる世界一の名探偵
ICPOやFBIでも解決できない未解決事件などの最後の切り札。
世界の3大名探偵と言われる、L エラルド=コイル ドヌーヴは実はすべて同一人物。
通常は仲介者「ワタリ」を通して捜査をするスタイルであったが、キラ事件には自ら表舞台で捜査指揮を執る事になった。

性格
本人も自覚している通り子供っぽく、些細な勝負でも負けを嫌う。
誰もが変わり者と思う行動、人権無視の発言は作中の他キャラクターにはあまり同調されなかった。

能力
天才的な推理力と大胆な行動力を兼ね備え、捜査の為にモニターを何十時間も見続けられる並み外れた集中力を持つ、夜神月にキラの疑いがかかった際、自ら夜神月に近づき「私はLです」と挑発的に明かし、また容疑者確保の場面では、計画の立案、迅速な手回し、緊急時の的確な指示、ヘリコプターの操縦まですべて自分でやってしまう。

嗜好
かなりの偏食家で捜査中もたびたび甘いものを口にする
L並に脳を使うと体内糖分を使うという事が強調されている。
posted by デスノートマニア at 03:38| デスノート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

デスノート Lの本名

デスノートでLの本名はとても重要な意味がある
キラは名前を知っているものを殺せるのでLにとって本名はまさしく生命線であった、逆を言えば名前を知られなければ殺されないということである。そしてLは本名を判明されない自信があった、出生まもなく幼少期を過ごしたと考えられる、ワイミーズハウスからでさえLの本名は辿れない仕組みになっており、生活の中では徹底して偽名と通称である「L」使っていたものと考えられる。
最終的には死神の目を持つ死神レムにより、デスノートに本名を書かれてしまうが、死神の目以外にLの本名を知る方法は皆無であった。

現実世界においても、人は人物を確定させる時、戸籍、住所、氏名、年齢、生年月日、電話番号などの情報から関連性で人物を確定させる。
例えば、親が判れば、その親の子供として生まれた人物は親の戸籍をみれば判明するし、住んでいるところが判れば住民票から判明してしまう。
それを考えればLはまさに掴みどころのない謎の人物である、通称で「L」と呼称されており、ワタリという仲介者がいる、それ以外の情報がないのである。

Lの本名 L lawliet (エル=ローライト) 
posted by デスノートマニア at 02:05| デスノート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

デスノート ストーリー

高校生の夜神月(やがみ らいと)は、ある日奇妙な黒いノートを拾う。それは、死神リュークが落とした人間の名前を書き込むと書かれた人間が死ぬデスノートだった。犯罪者が存在しない理想の新世界を作るため、月は世界中の犯罪者名を次々とノートに書き込んで葬っていく。やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた大衆は殺し屋(=Killer) の意味から「キラ (KIRA)」と呼び始め、キラを「神」と崇拝する者まで現れた。

一方、キラの存在を察したICPO(インターポール)は、手がけた事件を必ず解決に導く・全世界の警察を意のままに動かせる唯一の存在である謎の探偵L(エル)にキラ事件の調査を依頼。

キラを悪と見なすLは綿密な方法で、キラが日本の関東地区にいることを証明し、日本に捜査本部を設け、キラに挑む。こうして“キラ”と“L”は、それぞれの正義を掲げて対峙することになる。
posted by デスノートマニア at 05:30| デスノート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。